20220710_093102

どうも、いさみ編集局長です。本日のご紹介は少年時代からの思い出の場所、柴崎バッティングセンターのご紹介であります。


子供の頃からの思い出の場所 柴崎バッティングセンター
よく考えてみたら子供のころからずううううううううううっとあるんですよね。柴崎バッティングセンター。創業何年なんでしょうかね。今後機会があったら聞いてみようと思うのですが、本日はその柴崎バッティングセンターのご紹介です。

からのバッティングセンターいったら凄く嬉しい事があったんですよね。取材の際に内観など撮影する際は必ず許可をいただいたうえで記事にするんですけども、今回も同じく許可がいただけるか聞いたところ、担当のお兄さんが「ちょうふ通信みてますよ!」と言ってくれまして、それはもう嬉しかったのと、そしてすぐにオーナー様に電話で許可をとれないか電話してくださり、オーナー様にもご快諾いただけたんですよね。

いやーなんか嬉しいですええ。読者の皆様にもいつもご覧いただけていて、本当に心から感謝いたします。ありがとうございます。

からの柴崎バッティングセンターなんですけど、思い出のまま変わらない印象なんですよね。
20220710_094054
因みに野球ファンではありますが、野球少年ではなかった私ですので、そこまでバッティングはうまくないわけなんですが、バッティングセンターにくるのは本当に楽しみだったんですよね。

まあ、楽しみといえども、私が挑戦していたのは基本これだったんですけどね(笑)
20220710_094315
ここのバッティングセンターで一番遅い80キロを"すかすかっ"と空振りしておりました(笑)

球速は充実 最高は130キロ!!
因みに柴崎バッティングセンターは、球速が充実しております。
20220710_095754
・80キロ 右
・95キロ 右
・110キロ 左右
・90キロ 左右
・100キロ 右
・115キロ 右
・130キロ 左右
・100キロ 左右
・95キロ 右
上記のようになっております。130キロとか私には絶対無理ですね(笑)
20220710_093659
20220710_093627

天然自分流の奥義を披露して剛速球を打ち返す時が来た!
ふふふ・・・まあ、あれですよ、きたからにはちゃんとバッティングしていかないとね。いさみ編集局長の奥義、天然自分流の極意を持ってすれば、剛速球も打ち返せるに違いありません。

ただ、なぜでしょうか、130キロゾーンの一つ奥に、足が勝手にスライドしてしまったんですよね。
20220710_095710
おかしいなあ。自然と95キロのゾーンに入って、手が勝手に200円を機械にいれてしまったんですよね。
20220710_095401
良いでしょう。今日は95キロで勘弁しておきましょう。備え付きの黒バットを手に取ります。
20220710_095407
さーこいやこいやあああああああ
20220710_095652
びゅおおおおおおおおおおおん
20220710_095420
パシャー まずは球がくる写真を撮ろうとしましたが、球が速くシャッター遅れてまったく撮れませんでした。

ならばバットで応酬ということで、ぶんぶんぶんーん!
カコん!ボコん!第1球が自打球!!!笑いました。私はファールの天才かもしれません。

その後も、なんか少年時代の自分よりかは進化していたようで、95キロであればある程度あてる事ができまして。(何度か空ぶったのは内緒)
少年時代はハイパーフルスイングしてたんですが、冷静に軸足安定型スイングに切り替えたところ、結構ぽこぽこあてることはできました。まあ安打系は数えるほどかもしれませんが・・・

ははは!どや!天然自分流は!(すみませんでした)

野球教育の聖地感が凄い!
バッティングセンター内には掲示板がありまして、少年野球チームの募集のポスターが沢山貼ってありましたね。中学女子軟式野球クラブチームのポスターもありました!ここでチームを見つけて練習して、野球を上達した子供たちが沢山いるんだろうなと思うと、なんだか胸が熱くなりましたね。

あと、ここの自販機はスポーツ施設ということもあってか安めの設定でした。私も麦茶かってしまいました。
20220710_093612
グリップテープの巻き替えも1000円でやってくれるらしいです。
20220710_094138
私が取材を終えるころには、野球少年ご一同、お父さんとお嬢さんと息子さん、115キロを余裕で打ち返すユニフォーム姿のおじさまがたと、それはもう大盛況になっておりました。

いやー変わらずに愛されてるってすごい場所ですよね。そうそう、駐車場がとても広いのも特徴です!
20220710_095956
楽しかった!!いま2歳の息子が大きくなったら一緒にここに来よう。その時までは健康でいないといけないと思った私でございました。柴崎バッティングセンター様、ご協力ありがとうございました。

柴崎バッティングセンター
〒182-0014 東京都調布市柴崎1‐1‐2

Twitterアカウント

フォローいただけると励みになります!よろしくお願いいたします。