20221016_092444(0)

どうも、いさみ編集局長です。残念ではありますが、また野川の桜の伐採が予定されているようでご報告です。


野川のさくら、テープが巻かれていたので嫌な予感がしたが的中
国領から深大寺へと自転車で向かっていたところ、赤いテープが巻かれた木が何本もあったんですよね。これはもしやっと嫌な予感がしたのですが、やはり伐採の予定だそうです。
20221016_092414
20221016_092420
樹木診断の結果、表向きは大丈夫そうに見えますが、木の中が腐朽空洞が著しかったようで、倒木の恐れがあるので伐採をするとのことです。

うーん。残念でありますね。こちらのテープが巻かれた木は1本ではなくて複数本ありますので、いくつか写真を紹介しておきますね。
20221016_092444
20221016_092558
20221016_092857
この前も、大量伐採があった後ではありまして、さくらの木の寿命もあるのでしょうか、今後もこの流れは続いてしまうのかもしれません。

前回の大量伐採の際に、伐採を惜しむ市民の方々が市役所に問い合わせをし、そういったこともあって先ほどの貼り紙には「さくらの新たな植え替えにつきましては野川の管理者である東京都と協議のうえで進めてまいります」とは書いてありました。

行政としては市民の安全をまもる義務があると思いますので苦渋の決断だったと思いますし、また市民の皆様のさくらを愛する気持ちもちゃんと未来に続く流れにはなっていると考えてよさそうです。

野川のさくらをお好きなかたは、是非お時間あれば、伐採前のさくらを記憶に残してあげてくださいませ。

野川のさくら
佐須町2丁目、佐須町3丁目周辺

Twitterアカウント

フォローいただけると励みになります!よろしくお願いいたします。